KAMIHAGI FIT&RIDE STORE

【定休日のご案内】7月より毎週火曜日と第1・3水曜日がお休みになります。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします ★7/23(水)臨時休業いたします★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BGFIT報告 

 ひさびさのBGFIT報告です。


まずはこちらから
CIMG9101.jpg
CIMG9102.jpg
左足が下死点の時は背中はまっすぐですが、右足が下死点にくると、体が大きく左に傾きます。
最初に見た時は、左右の脚長差、サドルに坐骨がしっかり乗れていない、骨盤・背骨の歪み等が考えられると思い
その後のアセスメント(身体検査)でその部分を注意深く検査しました。
結果 骨盤、背骨に歪みが確認できました。それで、なにか心当たりはありますか?と尋ねると
昔、バレーをやっていたという事でスパイク等を打つ姿勢は写真のように体を曲げていたという事がわかりました。

自転車は左右、前後とバランスが大事なスポーツです。私生活の中のちょっとした癖であってもサドルの上では
おおきなズレとなって表れてくる事があります。右利き、左利き等、強く特徴が出すぎてしまう方は何人もいらっしゃいました。
BGFITでご自身の特徴を理解して、少しずつ修正をして行きましょう。
今回の方は、ポジションを変えてみたら、すこし修正できました。体を少し縮める(窮屈)ように乗っていたので
ステムを伸ばして大きく体を使えるようにしたら、良くなりました。

次はカミハギアスリートクラブの方、
CIMG8760.jpg
CIMG8769.jpg
今回、変更したパーツはステム。
下の写真の方が短いステムを使っています。ですが、体はしっかり大きく使えていますね。
以前は前へ、前へという気持ちが強くサドルに腰が落ち着かなく、肘や肩に大きな荷重が掛っていました。
結果、体を安定させる為に無駄な力を使う事になります。肩こりや肘の痛み、腕の疲れ等も出てきます。

自転車ではしっかりとサドルに乗る事はとても重要です。
ここが安定していなければ大きなロスを生むことになります。

今回は、しっかりとサドルに乗ってもらいサドル高を決め、その上で柔軟性を考慮してハンドルポジションを
決めました。 結果ステムが短くなりましたが(パッドが動かせなかったので)
体(筋肉)を大きく効率良く使えるようになりました。

BGFITは5月分はほぼ予約でいっぱいになりましたが、6月以降の予約はまだまだ空きがありますので
お気軽にお問い合わせください。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。