KAMIHAGI FIT&RIDE STORE

【定休日のご案内】7月より毎週火曜日と第1・3水曜日がお休みになります。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします ★7/23(水)臨時休業いたします★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200人突破!

本日のお客様でBGFIT 200名 達成!
良く知るお客様だったので一緒に記念撮影。


フィッティングネタで1つご紹介。
『立位体前屈』 一般的に体の柔軟性を測るのに良く行います。
BGFITでも参考になるので20項目の測定の中にあります。

『体が柔らかい=地面に手が着く』
という風に手の方ばかり見てしまいがちですが、
大事なのは体のどこがどの位曲がっているのかが重要になります。
 
今回の例を見ると、ジャージの背中ポケットの上の辺りで曲がっているのがわかります。
股関節の曲がりとあわせて、の字のような形です。

自転車に乗り深い姿勢をとると先ほどの姿勢に近い状態になりましたね。

背中が丸まり過ぎてしまうと必然的にお腹側は潰れてしまいます。
そうなると呼吸がしにくくなります。横隔膜の稼働域を抑え込んでしまうので肺が膨らみにくくなるからです。

下ハンドルで頑張っているので体はどんどん酸素を欲します。
酸素の供給が間に合わなくなり脚は残っているのに酸欠で走れなくなってしまう場合も考えられます。

では改善するにはどうしたらよいでしょうか?
キーポイント『体幹』です

体幹を意識して股関節から体を曲げるとこんな感じになります。
これで自転車での適正なフォームに近い形になります。

この状態でもも裏の辺りはパンパンの状態なので、この方の前傾姿勢の限界はこの位だとわかります。
(エアロ効果を考えて腰や背中が痛くならない程度にもう少し背中を曲げるのはOKです。)

自転車に乗るとこのような形になります。
背中の曲がりが抑えられていますね。
股関節から身体を曲げる事ができれば、ペダリングに必要な大臀筋や
ハムストリング筋(おしり、もも裏)を伸ばす事ができるのでパワーを出し易くなります。

背中が曲がってない分、身体は前に伸びます。先ほどよりも少し遠くを持ったほうが持ちやすく感じるはずです。
速い人の多くがステムが長かったりするのはその為です。
筋肉の使い方、呼吸のしやすさ全てを考慮すると必然的にフォームはこのような形になりやすいです。
スケート選手で猫背で滑っている人はいないですよね。

立位体前屈で体幹、股関節を意識すると自転車での良いフォームを再現する事ができるので
試しにチェックしてみましょう。


BGFITでは他にも

膝角度を測って適正なシート高にしたり

膝頭の位置からサドルの前後位置をみたり

柔軟性を見て前傾角度、ハンドル位置の設定をしたりします。

なかなか時間はかかりますが、ポジションにお困りでしたら是非受けてみてください。
お待ちしてまーす。

BGFITの紹介映像です。 モデルの選手は綺麗な方ですよ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。