KAMIHAGI FIT&RIDE STORE

【定休日のご案内】7月より毎週火曜日と第1・3水曜日がお休みになります。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします ★7/23(水)臨時休業いたします★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏の傾きを知ろう!

カント角と一般的に呼ばれる足の傾きはご存じですか?

この傾きは自転車ではペダリングに大きな影響を及ぼします。
簡単にいうと傾きのせいでがブレてしまったり、が逃げてしまう事になります。

こちらのシューズをご覧ください。

両足とも外側が削れているのはわかりますか?

左足のアップ


右足のアップ


ほとんどの方は椅子などに座って空中に足をダランと垂らすと親指側が高くなり小指側は地面の方へ傾くと思います。
二足歩行で進化してきた人間はこの足裏の傾きをバネやクッションの様に使って歩く、走るを行っています。

ロードシューズの様にソールの硬い靴で歩くと、外側にどうしても強い力がかかるので柔らかいクリートやヒールラバーがすぐに削れるというわけです。
普通の靴でも長く使っていると外側の方が削れている事が多いですね。


スペシャライズドでは熱によって足裏の形を見る事ができる器具があるので一度チェックしてみましょう!
足のサイズと土踏まずの大きさが確認できるので一石二鳥です。
CIMG9460_20120401193106.jpg
土踏まずを適正な形で持ち上げてあげると、足の横幅にも影響がでてきます。
足がアーチ状になるので横幅が狭くなります。平らなインソールだと土踏まずが潰れてその分横に広がります。
つま先が余ってしまうような大きな靴はあまり良い事がないので一度確認しましょう。
ワイドタイプの靴しか履けないと思っていた方!インソールでもしかしたら変わるかもしれませんよ。

適正なインソールに変更してペダリングすれば力を均等にペダルに伝えれるようになりますし、
膝のブレの修整にもなるのでオススメです。
CIMG9447_20120401193107.jpg

以前スペシャライズドバイクに乗っていたプロ(カン○ェラーラ、シュ○ック等々)の使っているノースウェーブからもスペシャライズドと同じコンセプトのインソールが販売されています。
この事からもとても重要なポイントだとわかりますね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。