KAMIHAGI FIT&RIDE STORE

【定休日のご案内】7月より毎週火曜日と第1・3水曜日がお休みになります。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします ★7/23(水)臨時休業いたします★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジテツウ必見!リアライト

日が短くなり、PM5:00には結構な暗さになるこれからの時期に欠かせない
アイテムと言えば『ライト』。の、後ろ用に今回はズームイン!(古い?)

前のライトもとても重要ですが、自転車通勤する上で前方はライトが少々暗くてもスピードを
落としたり、自分で注意すればなんとかなる事も多い・・・。無灯火は論外ですが。
でも、後ろは自分では注意しにくく、後ろから近づいてくる車両などに自分の位置を知らせて
避けてもらうしか、接触を防ぐ方法は有りません。な・の・で・とっても重要なんです!


世の中にいっぱいある後ろ用のライト。赤いLEDタイプが主流で、点滅させているのをよく見かけます。
そんな中でも使いやすい為のいくつかのポイントがあります。
 ①電池がボタンタイプでは無い事。 電池寿命が短く、充電が基本できないので
環境 的にも経済的にも不利。
 
 ②ライトを外した際にフレーム側にブラッケトが残らない。 使わない時にはバイクがスッキリ! 
 ③バイクに取り付けるときに、工具がいらない。 すぐに取り付けて使える。 
 ④明るい。視認性に優れている。
上の4項目に当てはまるライトが意外と少ないんですよね。でも、探してきました!


008.jpg 002.jpg
OWLEYE(オウルアイ)『テイルライト5LED』 ¥2,615
とってもスマートなリアライトで、電源は内蔵されたリチウムイオンバッテリーにパソコンなどの
USB端子からから充電します。
2時間の充電で、点灯5時間・点滅10時間使用可能で点灯可能時間が30分以下になると
お知らせランプが点灯します。

004.jpg 009.jpg
LEDは5こ灯ですので後ろからの視認性もバッチリ!充電のコネクターは
本体後ろから差し込みます。スイッチも本体後ろにさり気なく付いてます。

005.jpg 007.jpg
自転車本体への取り付けはバンドで固定します。バンドの穴が多く開いてますので
許容範囲も広く、取り付けた場所に傷が付きにくいような工夫もされてます。
取り付けたアダプターから本体の取り外しも可能です。
全体的にスマートで、軽く(32g)、充電式。
かなりの優等生で、入荷した日に思わず買ってしまいました!



010.jpg 011.jpg
お次はこちら、
ANTAREX『ZX-SIX-R』 ¥2,940
ライト全体をシリコンカバーで覆っているタイプで、LEDは全部で6灯。
かなり明るく、点灯・点滅・ローリング?します。
電源は乾電池タイプで単4を3本使用で、点灯200時間・点滅450時間!
かなりの点灯時間ですので、電池交換の煩わしさはほとんど感じなさそうです。


012.jpg
自転車への取り付けはシリコンカバーを専用のフックで引っかけるようにします。
かなり伸びる素材を使っているので、色んな太さに対応できます。
全体的に少し大きめな印象ですが、視認性も高く、電池も長持ちしますので維持しやすそうです。


013.jpg 016.jpg
今回の最後のご紹介は、
CAT EYE『RAPID 5』 ¥3,150
CAT EYEの新製品でかなりの力作です。
縦でも、横でも取り付け可能ですので、サドルバックの有無・サドル高さなどに
合わせて選べます。

014.jpg 015.jpg
電源は単4を2本使用して、点灯15時間・点滅100時間の使用が可能です。
そのほかの点灯内容で注目なのが、ラピッドと呼ばれるもので点灯方法で5つのLEDが激しく点滅を繰り返します。
車からは嫌でもそこに自転車がいる事が分かる位強烈ですので、取り付け角度は要注意!

自転車への取り付けは、工具要らずのバンドタイプで取り付けは簡単です。
このバンドの方式は最近のCAT EYEの製品でよく使われていますが、使っているうちに
だんだん回すのが固くなりますのでそんな時は、樹脂を傷めないタイプの
オイルを少し付けるとスムーズな回転に戻ります。 

017.jpg 018.jpg
角度調整はかなりの広範囲で出来ますので便利です。
今回ご紹介した中では最高の視認性をもっていますので、とっても暗い所を走る方や
目立ちたい方には「ハマル」商品間違いなし!

        

     さあ、どれにします??






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。